脂肪吸引術後の圧迫ガードル:おすすめのガードルのご紹介

【前提として】
脂肪吸引術後の圧迫ガードルは、病院様のお考えや状況によって最適なガードルが違いますので、まずは病院様にご相談くださいませ。
脂肪の吸引量や取る部分など総合的にご判断頂きます事が大切になりますので、病院様のご指示を優先して頂けますと安心です。

太ももの脂肪吸引術後におすすめのガードルについて、ご紹介いたします。
たくさんの病院様でご使用頂き、たくさんお話を聞いてきた中で、多かったご意見をもとに弊社での考えをまとめていきます。

※下記に順番におすすめのガードルをご紹介いたしますが、おすすめ順に並んでいるわけではございませんのでご注意くださいませ。商品の特徴をしっかりご理解頂き、お一人お一人のご状況にあったものをお選び頂くためのものとして、ご覧頂けましたら幸いです。

1. ひざ下丈ガードル

1-1. サイドファスナー付 オープンクロッチ ニーロングガードル

太ももの脂肪吸引術の直後は、このファスナー付き、股空き、ひざ下丈ガードルがお勧めです。
脂肪吸引術後から数日間は、自宅で安静にしている事になりますが、お手洗いの際にガードルの着脱は、傷みがあり大変です。そのため、このようにファスナーが付いている事で
着脱が簡単にできる事 、股が空いている事で着脱の回数が減らせることはとても大きなメリット
になります(ショーツは、ガードルの上からご着用ください)。

下記、オンラインショップにご投稿頂きました商品レビューになりますので、ご参考ください。
「太ももの手術をして、弾性ストッキングを病院で購入、だったのですがこれが、トイレのたびに脱ぎはきするのが地獄の痛さで、あまりの痛さにストッキングをはくのが嫌になってしまいました。
でもそれではだめなのもよく分かるし、腫れとむくみがどんどんひどくなるので、どうにかせねばと探して、この商品にたどり着きました。 」

1-2. ニーロングガードル

太ももの脂肪吸引術の直後から、このニーロングガードル(ひざ下丈)をご使用の病院様も多数ございます。術直後のお手洗いは大変だと思いますが、傷みがなく着脱ができるようになってからは、このガードル方が使いやすいかもしれません。

太ももの脂肪吸引をされた方で、ウエストの脂肪吸引をしていない場合、太ももに合わせてガードルのサイズを選ぶと、ウエストがきついことが考えられます。
そのためこのガードルは、いくつかの病院様と相談して2014年にウエストを約1cm大きくしています。

※ウエストの心配をされる場合は、①のファスナー付きのガードルをお選び頂く事が良いのかもしれません。病院様に確認しましたが、ファスナー付きのガードルの場合、ウエストがきつい様であれば、一番上のホックをはずしてご着用頂いて問題ないとのことです。

2. 足首丈ガードル

2-1. サイドファスナー付 オープンクロッチ アンクルロングガードル

長くなりますので「①:サイドファスナー付 オープンクロッチ ニーロングガードル」とご説明が重複する点は割愛いたします)。

アンクルロングガードルは足首丈で長いので、両サイドのファスナーも長くしてあります。
2019年に入ったあたりから、以前と比較して足首丈のガードルのご注文が病院様から多くなってきました。いくつかの病院様では、ひざ下丈ガードルだとふくらはぎが浮腫むからとのことで、足首丈をお選び頂いております。
・ひざ下丈のガードルと着圧ソックスを組み合わせて脚全体を圧迫する
または
・足首丈のガードルでまとめて脚全体を圧迫する
どちらもそれぞれに良さがありますので、ご着用をイメージして頂きまして、ご都合のよろしい方をお選び下さいませ。


サイドファスナー付 オープンクロッチ ニーロングガードル(ひざ下丈)、
サイドファスナー付 オープンクロッチ アンクルロングガードル(足首丈) の違いは、丈の長さと、ファスナーの長さになります。

2-2. アンクルロングガードル

上記3商品のご説明でご理解頂けるかと思いますので、詳細は割愛いたします。

ニーロングガードル(ひざ下丈)、アンクルロングガードル(足首丈)、
フルロングガードル(ひざ上丈)の違いは丈の長さのみになります。

3. ひざ上丈ガードル

3-1. フルロングガードル

ひざ上丈のガードルです。
脂肪吸引後すぐの事を考えると、ひざ下丈や足首丈ですが、長時間・長期間の着用アウターなどの観点からひざ上丈をご希望されます方のためにご用意しました。
「暑い季節でスカートで外出する際に、ひざ下丈のガードルでは見えてしまうので、もっと丈の短いガードルが欲しい」とご意見を頂き販売を開始しました。

また、腹部の脂肪吸引をされた場合、病院様によってはむくみ予防としてガードルの着用をおすすめしています。その場合には、臀部・太ももまで圧迫していれば十分になりますので、こちらのガードルがお勧めです。

4.まとめ

太ももの脂肪吸引術後のガードルは、丈の長さ、ファスナーの有無、股の有無をポイントに置いてお選び頂きますのがわかりやすいかと思います。
弊社のガードルは病院様のご意見から共同開発しておりますので、全て良いガードルです。それぞれの特徴をご理解頂き、自分に合ったガードルをお選び頂きます事が大切になります。

ご心配な方は、お気軽に「お問い合わせ」からご相談下さいませ。

メディカルサラマシェリ-オンラインショップ
↑ご購入を検討の方はこちらから