腹部 脂肪吸引術後の圧迫下着:ウエストニッパーの選び方

①丈は30cmが目安。
②圧迫力の強いもの、全体を均等に圧迫できるものがお勧めです。

アウトボーンウエストニッパーのご紹介(2011年に販売開始)

アウトボーンウエストニッパーの着用写真
アウトボーンウエストニッパー(ハードタイプ)


このアウトボーンウエストニッパーは、下記でご紹介するウエストニッパー改良点を集め、2011年に販売開始しました。
主な改良点として頂いたご意見は、
①圧迫力を強くしてほしい。
②圧迫力が強くなるので肌への設置面をもっと平らにして、色素沈着に気を付けてほしい。
③色はブラック
になります。
これらに気を付けて開発しましたので、サラマシェリではこのアウトボーンウエストニッパーをお勧めしております。

丈の長さは、SS~4Lまでは約30cm丈、5L6Lサイズは約33cm丈になります。
お取扱い頂いている病院様より「5Lサイズから丈を少し長くして欲しい」とご意見を頂き、カギフック1つ分長くしました。

ウエストニッパーのご紹介(2006年に販売開始)

ウエストニッパーの着用写真
ウエストニッパー

サラマシェリの最初の脂肪吸引術後の圧迫下着である、「ウエストニッパー付ショートガードル」をもとに、もっと簡易なウエストニッパーのご依頼を頂き共同で開発、2006年に販売を開始しました。
その時に頂いたご意見の中心は、
①寝たまま着用できる事
②丈は長く、胸下から下腹部くらいまで。
③脂肪吸引をするので腫れてから細くなっていく。着用できる幅が多い方が良い。
でした。

初回の商品サンプルでは約27cm丈でしたが、もっと長い方が良いとの事で、2回目の商品サンプルでは30cmに長くしました。そしてそのまま30cmが採用されています。


また、一般的な美容目的のウエストニッパーですと横の調整は3段ですが、サラマシェリのウエストニッパーは手術後の圧迫下着として横6段の調整にしました。
また、最初はしっかり圧迫できるようにと16段のカギホックでしたが、着脱が大変だという事で、2010年より12段のカギホックに変更しました。

アウトボーンウエストニッパーの開発販売に当たり、このウエストニッパーは無くなる予定でしたが、こちらの方が価格が安いため残してあります。今でも売れている商品になりますので、ご安心下さい。

商品詳細・ご注文はこちらから

それぞれの商品詳細につきましては、オンラインショップにてご確認下さいませ。
サラマシェリ(手術後の圧迫下着):腰回り用の商品一覧へ