乳房再建を通じて、医療の進歩を感じました(脂肪注入、深下腹壁穿通枝皮弁法)

先日、乳房再建術後にサラマシェリのウエストニッパーやガードルのご紹介でお時間を頂けるとの事で、日本トップクラスの病院様に行ってまいりました。

こちらの病院様にご訪問は5年ぶりくらいになります。
当時は人工乳房(インプラント)での再建が主流でしたので、ブレストバンド、マンモバンド、美Newブラのご紹介のためにお伺いし、その後これらを患者様にご紹介頂けておりました。

5年前には脂肪注入のお話はなく、挿入したインプラントを固定するバンドのお話だけでしたが、今回は脂肪注入のお話 (インプラントと脂肪注入の併用して再建です) でしたので、医療は進歩していることを感じました。

また、これ以外にも深下腹壁穿通枝皮弁法の乳房再建で、ハイウエストショートガードルがご使用頂けそうとの事でしたが、初めてお聞きする術式だったため、更に医療技術の進歩を感じました。

1.脂肪注入による乳房再建

脂肪注入による乳房再建のための脂肪吸引は、2016年頃からお聞きするお話で、この頃は、まだまだ臨床実験的な要素もあったように感じておりました(この時もインプラントを併用しての再建でした)。

現在の脂肪注入の乳房再建も、基本的にはインプラントと併用が多いようです。
脂肪注入だけではボリュームが出せないためで、インプラントを中心に使用して、デコルテなどに脂肪注入をして全体を整えるとのことでした。

現在では、たくさんの病院様が乳房再建で脂肪注入をするようになってきていますので、医療の進歩を感じると同時に、先生方が日頃から努力されていらっしゃるのも感じています。

2.深下腹壁穿通枝皮弁法

腹直筋皮弁法が一番効く術式で、有茎腹直筋皮弁法、遊離腹直筋皮弁法 の2種類と思っていましたが、深下腹壁穿通枝皮弁法と言う、高度なものがあることを今回知りました。

深下腹壁穿通枝皮弁法の利点は、上記の有茎腹直筋皮弁法、遊離腹直筋皮弁法 に比べて筋肉や筋肉を動かす神経をできるだけ残すため、身体に対する侵襲を最小限にできる事です。
自家組織による再建手術の中では最も身体にやさしい術式と言われているようです。

3.まとめ

新しい術式をお聞きすることで、最新の医療技術を感じる事。
そしてその最新の技術が東京や大阪などの大都市だけでなく、しっかり地方都市にも広がっていくのを感じています。
医療技術が進歩すること、その技術が地方にまで広がっていくこと。
たくさんの先生方の努力があってこそのことと思います。
ありがとうございます。